HOME > お知らせ > 星のソムリエ®講座 受講者募集中

星のソムリエ®講座 受講者募集中

星の降る里芦別・星のソムリエ講座のお知らせ

 

一般社団法人芦別観光協会は北海道ホテル&リゾート株式会社と株式会社ビクセンの協力のもと、芦別温泉スターライトホテルを利用し、5月17日(金)~19日(日)の2泊3日合宿形式で「星空案内人(星のソムリエ®)」資格認定のための講座を開設いたします。

 


【星空案内人(星のソムリエ®)とは】

「豊かな知識と経験からおいしいワインを選んでくれるソムリエのように、星空や宇宙の楽しみかたを教えてくれる人 」。ご家族や友人との集まりで、また地域行事や学校行事のボランティアとして星座の解説、天体望遠鏡や双眼鏡を使っての星空紹介ができる知識と技術を星のソムリエになることで習得いただけます。そんな素敵な”星のソムリエ“にあなたもなってみませんか?

 

【星空案内人(星のソムリエ®)”資格認定制度とは】

天文学の知識、 星座探しや天体望遠鏡による観察の技能、星座物語など文化に関することなど、星空案内に必要な幅広い知識と技能を習得いただき、それを認定するのが星空案内資格認定制度です。

この資格を取ることによって、自信を持って人に星のことを説明したり、ボランティア活動に参加したりしていただくことができます。また、資格取得が目的でなくても、星や宇宙のことを気軽に勉強してみたいといった動機で参加していただくことも可能です。

“星空案内人(星のソムリエ®)”資格認定制度は、山形大学に併設された「やまがた天文台」を中心に活動するNPO法人「小さな天文学者の会」でスタートした取り組みで、2007年からは全国組織である星空案内人資格認定制度運営機構が運営をしています。芦別観光協会は、同機構により設けられた資格認定制度に沿って、今回の講座を開設します。

 

※星のソムリエ(R)は、星空案内人資格認定制度運営機構が管理・運用する商標です。

※今回開設する講座では、期間中の講義受講および講義後のレポート提出や実技試験合格など所定の要件を満たすことで、「星空準案内人」の資格を取得いただけます。さらに、後日に行う「星空案内の実際」などのテストを受けて合格するといった必要な案件を満たすことで「星空案内人」の資格を取得いただくことが可能です。

詳しくは星空案内人機構HPをご覧ください。https://sites.google.com/site/hoshizoraannaishikakunintei/

 

 

【 星の降る里芦別・星のソムリエ講座 】

・開催日程 5月17日(金)~19日(日)

・開催会場 芦別温泉スターライトホテル(北海道芦別市旭町油谷1番地)

<アクセス>http://www.starlight-hotel.co.jp/access

 

【 募集要項 】

・募集人数 30名

※応募者多数の場合は選考とさせていただきます。

※最少催行人数は20名です。最少催行人数を満たない場合は開催中止といたします。

 

・応募条件

18歳以上対象

 

・参加費

お一人様 60,000円(税込)

内訳:講座受講料、宿泊費(2泊3日朝食2回、夕食2回、懇親会費)、講座会場使用料

※お泊りいただくお部屋はシングルルームでの提供です。

※昼食は各自にてお取りいただきます。なお、ホテル内にレストランはございます。

※芦別市内または近隣にお住まいで、宿泊されない方については、お一人様40,000円(税込/講座受講料、懇親会費、講座会場使用料を含む)です。昼食、夕食は提供ありませんので各自お取りください。

※お支払方法については受講確定後にご連絡します。

 

・使用テキスト

1.「星空ガイドブック(ビクセン発行・税込1,000円)」

2.「星座早見盤(ビクセン製・税込432円)」

※1,2は株式会社ビクセン様より提供いただき事前送付いたします。

※1,2の他にテキスト(必須)として「星空案内人になろう!(技術評論社・税込1,706円)」が販売されております。星空案内人になるための基本的な知識および心構え等がまとめられています。各自で入手し星空案内人について学んでください。なお、購入希望の場合には芦別観光協会に事前に申し込むことでお買い求めいただけます。お申込みいただいた場合には当日受付にてお渡しします(現金と引き換え)。

 

 

【 タイムスケジュール 】

1日目

5月17日(金)

   

時間

内容

講師

備考

9:40

受付開始

 

 

10:00

集合・オリエンテーション

 

 

10:10

休憩

 

 

10:20

さあ、はじめよう

柴田 晋平

 

12:05

昼休憩

 

 

13:00

望遠鏡のしくみ

木原 美智子

 

14:45

休憩

 

 

15:00

望遠鏡を使ってみよう

渡辺 文健

 

16:45

休憩・チェックイン

 

 

17:20

夕食

 

 

18:15

星座をみつけよう

渡辺 文健

 

20:00

観望会を体験しよう

スターライトホテル

観望会体験会

20:30

1日目終了

 

 

 

2日目

5月18日(土)

   

時間

内容

講師

備考

9:00

宇宙はどんな世界

関口 朋彦

 

10:45

休憩

 

 

11:00

星空の文化に親しむ

村上 恭彦

 

12:45

昼休憩

 

 

13:45

星空案内の実際

村上 恭彦

 

15:30

休憩

 

 

15:45

望遠鏡操作練習

ビクセンスタッフ

 

17:40

休憩

 

 

18:00

懇親会

 

夕食兼懇親会開催予定

20:00

観望会を体験しよう2

スターライトホテル

観望会体験会

20:30

2日目終了

 

 

 

3日目

5月19日(日)

   

時間

内容

講師

備考

9:00

認定式・閉会式

 

 

11:00

講座終了

 

 

13:00

アイヌの星座講座

山内 銘宮子

 受講者以外のお客様も参加可能

15:00

全日程終了

 

 

※タイムスケジュールの時間欄は開始時間を示しています。

※各講義途中に5分程度の小休憩をとらせていただきます。

※赤字の科目は資格取得必須科目、青字の科目は星の降る里芦別・星のソムリエ講座オリジナル科目です。

 

【 キャンセル規定 】

受講決定後のキャンセルにつきましては下記の通りキャンセル料が発生いたします。

連絡日

キャンセル料

4日前以前

キャンセル料なし

3日前~2日前

20%

前日

50%

当日

100%

連絡なし

100%

 

【 注意事項 】

1.申し込みフォームには必ず連絡がとれるメールアドレス、電話番号をご入力ください。

2.当選連絡後、1週間以内に受講可否最終確認のご返答がなかった場合はキャンセルとみなします。キャンセル後の受講申し込みは受付いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

3.ご応募いただく際にお預かりする個人情報の取扱に関しては芦別観光協会ホームページ内の「プライバシーポリシー」をお読みください。また、当ホームページ利用に関しては「このサイトについて」に記載されておりますので、必ずお読みいただいた上ご利用願います。

4.当選者の権利を他の人へ譲渡することや換金することはできません。

 

【 お申し込み 】

申し込みフォームはコチラ

申し込み締め切りは4月19日(金)12:00です。

応募者多数となった場合は選考させていただきます。(申し込みフォームに受講希望理由を記入してください。)

4月26日(金)までに、お申し込みされた方に受講について詳細(選考となった場合は受講可否)をご連絡いたします。

 

【 講師紹介 】

◆柴田 晋平(山形大学):山形大学理学部教授。専門分野は宇宙物理学、高エネルギー天文学。また、「NPO法人 小さな天文学者の会」理事長として一般市民対象の体験型学習会を実施し、地域の科学教育・普及に努めている。

 

◆関口 朋彦(北海道教育大学 旭川校):北海道教育大学旭川校教授

彗星・小惑星・外縁天体などの太陽系小天体の可視光・赤外線・電波波長域観測研究が専門。ESO(European Southern Observatory)所属時には2年5ヶ月間チリ・サンチャゴに居住,その後国立天文台ALMA推進室所属時にも,年に数回1ヶ月間程のチリ・アタカマ出張を6年半行った。にもかかわらず,現在ではスペイン語をほとんど忘れてしまったことを悔やんでいる。また共同研究員として宇宙科学研究所相模原に半年間所属し,現在もはやぶさ2赤外線撮像装置(TIR)メンバーである。

 

◆村上 恭彦(なよろ市立天文台):なよろ市立天文台台長。幼少時より星・宇宙に関心を持ち、大学へ。北海道大学理学部地球惑星物質科学科卒業後、天文台のある所で就職を目指し、2001年4月名寄市役所入庁。2010年2月市立木原天文台を経てなよろ市立天文台。2016年4月から なよろ市立天文台長。2017年4月から北海道大学 大学院理学研究院 宇宙観測データセンター 研究員。天文台での観望会の案内やプラネタリウムの投影などを行う。

 

◆渡辺 文健(なよろ市立天文台):1983年、釧路生まれ。小学校の頃に地元科学館の観望会で月と土星を見て天文に興味を持つ。その後、札幌で会社員をしながら天文教育のボランティア活動をし、2010年より、なよろ市立天文台へ勤務。現職では、天文台での星空案内はもちろん、移動天文台車ポラリス2号での出張観望会を担当し、遠くは友好都市の東京都杉並区へも行っている。観測に関しては、主に太陽観測や新天体のフォローアップ観測、新天体サーベイを行っている。

 

◆山内 銘宮子(アストロ・ニンジャ・プロジェクト):Make it SPACE~星を楽しもう。”をキャッチに、主に企画プロデュースを行う。また、アイヌ民族の独自星座を伝える活動もしている。つくばエキスポセンターのプラネタリウムオリジナル番組「アイヌの星」の原案やコーディネイトで制作。

 

◆木原 美智子(ビクセン星空アドバイザー):愛知教育大学にて天文学を学ぶ。前ビクセン星空案内人資格取得講座事務局担当。ビクセン在勤中はカスタマーサポートや星空イベントの運営、企画に従事。一般向けに天体望遠鏡教室を行うなど天体望遠鏡に親しんでもらうための普及活動に取り組んだ。現在はフリーの星空案内人として星空案内やコラム執筆など全国各地の星空の下で活動している。

人気のキーワード
 
一覧を見る

あしべつMOVIE

写真でみる芦別