星の降る里あしべつ

 >  > 新城峠
みる

新城峠

おすすめ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節で移り変わる色彩と表情。北海道らしい丘の風景がある場所です

新城峠 

広々とした空間に広がる丘陵地帯は、写真やCM等で見ることも多い、北海道を代表する風景です。芦別市内から旭川方面へ向かう道道4号を走ると、「新城峠」に差し掛かります。周辺は、まさに絵に描いたような美しい丘陵地帯。四季それぞれの色彩美を楽しんでください。



新城峠周辺の春から初夏 

新城峠周辺の春から初夏は、若芽の緑や菜の花の黄色、そしてアンジェリアの淡い紫色に染まります。広大な紫のじゅうたんは、一見ラベンダーのようですが、ここのアンジェリアは、土にすき込んで作物の栄養にする「緑肥」として利用されています。



新城峠周辺の初夏から夏 

初夏から夏にかけては、ジャガイモやソバの白や紫色の花、小麦の黄金色、トウモロコシ畑の目の覚めるような緑色などが楽しめます。



新城峠の秋 

秋は黄金色に色づく小麦や稲穂、赤く染まるソバ畑など、実りの季節を実感する、豊かな色が広がります。北海道の秋の風物詩でもある、収穫した豆を畑に積んで乾燥する「ニオ積み」の、のどかな風景も見逃せません。



新城峠 

また一日の寒暖差が大きくなる4月~5月、9月~10月にかけて、早朝の新城の丘では雲海を観ることができます。畑を見下ろせる場所まで上れば、眼下に広がる雲が、畑やまちを静かに包み込む様子に出会えるはず。雲海は気象条件に左右され、必ず観られるわけではないだけに、観られたときの感動はひとしおです。



新城峠雲海 

冬、雪に覆われた新城峠は、段々畑に雪が積もった白い階段や、底冷えした朝にはダイヤモンドダストが見られることも。一切の音をシャットアウトしたかのような静寂な美しさがあります。



新城峠冬


展望台

新城峠の風景をゆっくり鑑賞・撮影するなら、峠頂上の公園にある展望台がおすすめです。なお、新城峠から見える畑は、すべて農家さんの私有地です。作業上の危険や病害虫の問題があり、無断立ち入りは厳禁。マナーを守って楽しく観賞してください。




データ

道道旭川芦別線駐車場公園

芦別市新城町(道道4号旭川芦別線沿い)
開設期間/5月1日~10月31日(冬季閉鎖)
問合せ/0124-22-2111(芦別市都市建設課土木係)

あしべつMOVIE

写真でみる芦別