星の降る里あしべつ

 >  > 小林英一記念美術館・清水武男世界空撮写真館
みる

小林英一記念美術館・清水武男世界空撮写真館

おすすめ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元への想いと、芸術への想いが交錯する場所

小林英一記念美術館

芦別を代表する企業「北日本精機株式会社」は、小径ベアリングの分野で世界シェア70%の生産量を誇るトップメーカー。その創業者であり会長の小林英一さんは、芦別の地をこよなく愛し、芦別を芸術の発信地として、まちの活性化に繋げるための施設を積極的に作っています。その2つの施設を紹介します。



白鳥信之さんの絵画や、浮世絵を展示する「小林英一記念美術館」


小林英一記念美術館

美術への関心が高い小林会長は、これまで事業で海外を訪れた際などに、各地の美術館を訪ねて、造詣を深めてきました。そうした自らの心の糧である美術を、芦別に還元したい。ただ会社がある場所というだけでなく、芦別のまちおこしに繋がる何かをしたい。そんな想いから、私財を投じて美術館を作ることを決意したのです。


この「小林英一記念美術館」は、旧西芦別小学校の体育館を利活用した施設。外観はシックなたたずまいですが、中に入ると体育館の雰囲気がそのまま残されており、周囲の自然も相まって独特な魅力を放っています。常設展示されているのは喜茂別町出身の画家・白鳥信之さんの油彩画。代表作『桜図』シリーズをはじめとする作品の、繊細で淡い色使いは、この美術館がある西芦別地区に溶け込んでいます。館内の作品が、天然光により時間や季節で少しずつ変化していくさまは、ちょっとした異世界を感じさせてくれます。


浮世絵

美術館のもう一つの柱が浮世絵。美しさはもちろん、その作品数にも驚かされます。また、ゆとりのある空間作りもこの美術館のポイント。元が体育館なので確かに広いのですが、だからといって美術品をあるだけ詰め込むことはせず、そのゆったりとした印象さえも心に残るような作り。小林会長の「芦別を芸術の発信地にしたい」という想いに満ち溢れた美術館です。



空撮写真家・清水武男さんの作品を展示する「清水武男世界空撮写真館」

清水武男世界空撮写真館

北海道をはじめ、世界の「空からしか見えない」風景を見つめてきた空撮写真家、故・清水武男さん。平成24(2012)年に亡くなる前、清水さんは小林会長と交流がありました。清水さん独自の視点による空撮写真は、圧倒的な迫力と美しさをもって観る人に迫ってきます。その素晴らしい写真を芦別から発信したいと、小林会長が平成28(2016)年11月にプレオープンしたのが「清水武男世界空撮写真館」。美術館とは国道をはさんだ向かいにある写真館には、清水さんと小林会長の情熱が詰まっています。


上の写真は、北海道根室半島付近にある無人島「ユルリ島」の空撮写真。右下に見えるのはなんと野生の馬で、中央の灯台建設時に連れてこられた作業用の馬が自然繁殖したのだそう。清水さんの写真は大雪山や流氷などの自然美をとらえたものと、この野生馬や畑、昆布漁など、人の生業(なりわい)から生まれた奇跡的な景観に大別されます。それぞれの写真が発するメッセージをぜひ感じ取ってください。もちろんドローン普及前の撮影なので、ほとんどは小型飛行機から撮られています。



小林会長に聞く、美術と芦別への想い

清水武男世界空撮写真館

北海道における上空撮影の第一人者的存在、清水武男さんの空撮写真。そして白鳥信之さんの優しい風合いの油彩画。これら観る者を引きつける作品の数々を芦別で公開することの意味を、小林会長にお聞きしました。

「まずは地元への還元です。芦別で大きくなった会社ですから。そして、炭鉱がなくなり人が減ってしまったまちの活性化につながれば、とも思います」。

写真館では清水さんの写真集のほか、小さなフレームに入った縮刷版の写真フレームなどを販売しています。「このフレームもウチで作っているんですよ。この空撮写真は人を元気にする力があるので、病院にも販路を広げています。あとは芦別だけでなく、道内の商店街はあっちこっちでシャッター街になってるじゃないですか。例えばそうしたお店の一角をギャラリーにすれば、人もある程度呼べると思うんですよ。そのときには、これらの写真を負担がないように貸し出すプランもあります。活性化やまちおこしは、アイディア次第ですよ」と壮大な夢を語り、朗らかに笑う小林会長。その胸中にある、地域貢献にかける情熱はまだまだ広がりをみせています。


北日本精機株式会社・小林英一代表取締役会長

北日本精機株式会社 代表取締役会長・小林英一さん。美術館と写真館の運営会社である「株式会社にしあしの里」代表取締役社長でもあります。




データ

小林英一記念美術館&白鳥信之常設展

芦別市西芦別町11番地
開館期間/2018年5月1日~12月下旬
休館日/月曜日、火曜日(5月1日~10月31日)※11月1日以降は日曜日、月曜日休館
開館時間/9:00~17:00(入場~16:30)※来館の際は要連絡
料金/無料
問合せ/0124-25-6006((株)にしあしの里)





清水武男世界空撮写真館

芦別市西芦別町11番地6
開館期間/通年
休館日/月曜日、火曜日
開館時間/10:00~16:00
料金/無料
問合せ/0124-25-6006((株)にしあしの里)
Web:http://www.nishiashi-no-sato.co.jp 
Facebook:https://www.facebook.com/aerialphotographyshimizutakeo/

あしべつMOVIE

写真でみる芦別