星の降る里あしべつ

 >  > 星の降る里百年記念館
みる

星の降る里百年記念館

おすすめ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芦別100年のあゆみを楽しみながら学べる施設

星の降る里百年記念館

道の駅と隣接する「星の降る里百年記念館」は、平成5(1993)年、芦別開拓100年を記念して建てられた施設です。まず目に入るのが3本のタワーですが、これは宇宙へのメッセージ「過去」「現在」「未来」を表現したオブジェ。中にはどんな展示があるのか、紹介していきましょう。



卓越したビジュアルで、芦別の歴史、自然、文化に触れる

スタードームと崕山のジオラマ

展示は大きく8つのカテゴリに分かれています。館内中央にあるのが「スタードーム」(左)。芦別の美しい星空を疑似体験することができ、星座の勉強もできるミニシアターです。

「豊かな自然と動植物」コーナーには、貴重な高山植物があることで知られる、芦別の「崕山(きりぎしやま)」の迫力満点のジオラマ(右)があります。崕山の切り立った独特の姿もさることながら、まるで生きているかのような高山植物の模型など、驚きのリアルさを楽しんでください。



生活に根ざした展示には、懐かしさと驚きがあります

展示物は大きなものから細かいものまで多彩。縄文時代から昭和まで、昔の暮らしをほうふつとさせるものがメインとなっており、タイムスリップした感覚を楽しむことができます。「先住民の文化」コーナーでは、北海道指定有形文化財の「クマ形石製品」など滝里遺跡群から出土した遺物や、アイヌの生活用具を展示。新旧の民具が見やすく整理された「開拓移民の歴史」コーナーは、開拓が始まった明治から、昭和までの生活を思い起こさせてくれます。


(左)滝里遺跡群から出土した続縄文時代の土器が多数展示される「先住民の文化」コーナー。(右)昔の人々の暮らしが見える展示は「開拓移民の歴史」コーナーにあります。

(左)滝里遺跡群から出土した続縄文時代の土器が多数展示される「先住民の文化」コーナー。(右)昔の人々の暮らしが見える展示は「開拓移民の歴史」コーナーにあります。



百年記念館で、芦別市民の豊かな心を知る―長谷山館長に聞きました

大正から昭和にかけて、芦別では文学や演劇、音楽など多彩な文化が花開きました。この理由について、星の降る里百年記念館の長谷山館長に話を聞きました。

「炭鉱の関係で全国から芦別に集まった人たちが、炭鉱仲間を募って文学などのサークルを始めたんです。その道の有名講師を招いて勉強していたほどの熱心さで、それに市民が影響されて、一緒に、あるいは競うようにして文化が発展した。そうした意識の高さが、芦別の文化レベル向上につながったんです」。

「芦別と文学」コーナーには、芦別ゆかりの小説家・葛西善蔵の資料が豊富。また歌人・西村一平(故人)が師事していた与謝野寛、晶子夫妻の貴重な資料も展示されています。


旧産炭地の芦別ですが、空知のほかのまちに比べると、芦別の街なかには目立つ炭鉱遺産が少ないように思えます。

「芦別は炭鉱以前は農業のまちで、すでにまちの基盤がありました。今はそこに戻っているともいえますね。炭鉱ありきで開けたまちではないので、炭鉱施設は山にあり、市街地には少ない。逆に近隣の歌志内市や上砂川町は炭鉱、つまり山や谷を中心にまちが広がったので、炭鉱遺産は市街地にもあります。ほかの炭鉱まちと芦別は、まちの成り立ちが違うんです」。


「産業の歴史」コーナーには炭鉱をはじめ、農業や林業など芦別の産業の歴史が展示されています。中でも「マジックビジョン小劇場」は必見。といっても一見、炭鉱長屋の大きな模型があるだけです。しかしスイッチオンで長屋に人の映像が現れ、戦前の炭鉱で暮らす人々の姿を寸劇仕立てで見ることができます。昭和14(1929)年頃の建物であるこのタイプの長屋は、戦後もしばらく残っていたそうです。映像技術とともに、炭鉱生活を垣間見ることのできる内容も素晴らしく、長谷山館長は「炭鉱の仕事の様子を知る機会は多いと思いますが、彼らや家族の生活も知ってほしくて、この内容にしました」と語ります。


昭和の暮らしは、「展示収蔵庫」にある数々の収蔵品からも感じることができます。芦別の学校や鉄道などに関する豊富な展示物の中、ひときわ目を引くのが自動車。「スバル360」など3台が展示されています。小さくても夢があった名車の姿には、世代を問わず引きつけられるはず。また展示収蔵庫はイベントホールとしても利用できる作りになっています。

ここに来たらぜひ、長谷山館長に気軽に声をかけて、解説を聞きながら見学してみてください。


(左上)「芦別と文学」コーナー。歌人・西村一平(故人)による与謝野夫妻の資料は「西村コレクション」として名高いものです。(右上)「産業の歴史」コーナーに展示されている、時代を感じさせる炭鉱の火災防止ポスター。大きく描かれているのは山の神で、神様が女性であることから、炭鉱は女人禁制でした。(左下)建物も人物も1/10スケールで統一された、非常にリアルなマジックビジョン小劇場。(右下)「展示収蔵庫」でピカピカの状態で展示される、3台の名車たち。

(左上)「芦別と文学」コーナー。歌人・西村一平(故人)による与謝野夫妻の資料は「西村コレクション」として名高いものです。(右上)「産業の歴史」コーナーに展示されている、時代を感じさせる炭鉱の火災防止ポスター。大きく描かれているのは山の神で、神様が女性であることから、炭鉱は女人禁制でした。(左下)建物も人物も1/10スケールで統一された、非常にリアルなマジックビジョン小劇場。(右下)「展示収蔵庫」でピカピカの状態で展示される、3台の名車たち。




データ

星の降る里百年記念館

芦別市北4条東1丁目1番地3
開館時間/9:00~17:30(入館は17:00まで)
料金/一般200円、高校生100円、中学生以下無料。団体割引あり
休/12月29日~1月3日、11月~4月の月曜、火曜、5月~10月の月曜
問合せ/0124-24-2121

あしべつMOVIE

写真でみる芦別