星の降る里あしべつ

 >  > よねた製菓のモカ大福
お土産

よねた製菓のモカ大福

おすすめ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老舗菓子店で、モダンなおいしさを

モカ大福、石炭まんじゅう、星の降る里

平成28(2016)年で創業65年を迎えた芦別の老舗菓子店、よねた製菓。和菓子から洋菓子まで幅広いお菓子が揃っています。その中で一番人気という「モカ大福」を中心に、よねた製菓のおいしいお菓子を紹介します。


ショーケースの中に素朴なお菓子が並ぶ様子に、思わず「懐かしい!」と声が上がってしまう、よねた製菓の店内。2代目店主の米田浄さんは、いかにも職人という雰囲気が頼もしい方。「芦別も昔はお菓子屋さんがいくつかあって、にぎわっていたんだけどね。古くからやってるのは、みなみさわ菓子舗さんとうちだけになっちゃったなあ」と、かつての芦別を振り返ります。

改めてお菓子を見ると、定番の和菓子のほかに「ロックンロール」などのモダンなお菓子も見受けられます。米田さんは「そうなっちゃったんだよね」と笑いますが、半世紀以上も市民に親しまれている理由は、伝統と新しいものの巧みなミックスにもありそうです。


「モカ大福」(トップ写真)は、柔らかくてよく伸びる餅の中に、コーヒーあんと生クリームが入った大福。コーヒー風味や甘さの加減が絶妙で、たちまち人気の一品になりました。全国菓子博栄誉大賞を受賞しています。

冷凍状態で販売していますが、おいしく食べる秘訣は半解凍。それでも餅は十分に柔らかく、コーヒーあんとクリームは少しシャリッとしたアイスクリームのような食感になります。程よい甘さで、つい2個、3個と手が伸びてしまうことでしょう。



石炭まんじゅう、星の降る里 

ほか、左写真の「石炭まんじゅう」は、かつての炭鉱まち芦別ならではのお菓子。中まで真っ黒な見た目に驚きますが、ふんわりした皮の食べやすいまんじゅうです。右写真の「星の降る里」は、ラングドシャーにホワイトチョコレートを挟んだサクサクのおいしさ。芦別のイメージどおりの名前と形も楽しい、人気のお菓子です。


よねた製菓のお菓子は店舗と公式サイトのほか、道の駅でも買えます。芦別の手土産に、老舗の味をぜひどうぞ。




データ

よねた製菓

芦別市北1条西丁目10番地
営業時間/9:00~19:00
休/不定休
問合せ0124-22-3462
http://yoneta.ftw.jp/

あしべつMOVIE

写真でみる芦別